サプリメントで摂取するならその他の栄養素も一緒に!

サプリメントが無難

眼精疲労や眼病などに効果があるアントシアニンを含んだビルベリーですが、ブルーベリーと同じようにサプリメントで手軽に栄養素を摂取できるようになっています。手軽ということだけでなく、様々なメリットがあるのでサプリメントを服用するのが勧められています。

サプリと一緒に摂りたい効果を高める栄養素

ビタミンA

涙を生成する際に重要な働きをする粘膜の形成、修復を助ける役割を持っています。涙の一部であるムチン層の生成にも働きかけます。ビタミンAは鶏肉や豚肉、牛肉などのレバー、そしてうなぎやあんこうの肝などにたくさん含まれています。

ビタミンB群

B1は目の周辺の筋肉の疲れをやわらげ、B2は目の粘膜の正常化、B6は水晶体の代謝と免疫機能を高めます。食材ですがB1は豚肉とうなぎ、B2は卵や納豆、そしてB6マグロや鶏肉に含まれています。意識して食事に取り入れるといいでしょう。

ビタミンE

血行促進作用による疲れ目やドライアイの防止、老眼の予防に役立ちます。そんなビタミンEはうなぎやイカ、エビやうに、そしてかぼちゃやほうれんそうなどに含まれています。食べ物以外だと植物オイルにも含まれています。

亜鉛

亜鉛は神経伝達をサポートします。亜鉛が不足してしまうと視機能の低下の原因になるので、ほかの栄養素と同じように積極的に摂取したほうが良いでしょう。また、神経伝達だけでなく皮膚や粘膜の健康維持にもサポートしてくれます。亜鉛は主に、牡蠣や豚レバーなどに含まれています。

DHA

網膜細胞を正常に保つだけでなく、視機能の改善を助けてくれます。近視の改善が見られたという結果が出ているので、近視の人はDHAも積極的に摂取するといいでしょう。DHAは他の健康食品にも含まれていて、イワシやウナギなど魚に含まれています。

サプリでの摂取方法と栄養素の種類

果物

アントシアニンがちゃんと摂取できる

ビルベリーに含まれている成分を摂取するのにサプリメントが勧められている理由ですが、アントシアニンを食品で摂取するのが難しいというのがあります。アントシアニンは一日に約40~90mgの量が必要になりますが、購入などを考えると毎日続けることは難しいのです。ですがサプリメントだとコストパフォーマンスの面などを気にせずに摂取ができるのです。

サポート成分が取れる

サプリメントだとコストパフォーマンスを気にする心配がないだけでなく、アントシアニン以外の様々なサポート成分も摂取できるようになります。アントシアニン以外に含まれるサポート成分のおかげで、眼だけでなく体全体に良い効果が出てくるのです。商品によってサポート成分は異なるので、事前に確認しておくといいでしょう。

安全性がある

ビルベリーをはじめ植物由来のものが使われているので、安心して服用することができます。実際健康被害や副作用の報告は出ていません。しかし、飲み方を誤ってしまうと副作用などが出てしまうものもあるので、服用前には注意書きをしっかり読んで、正しく服用するようにしましょう。

飲むタイミング

サプリメントは吸収が良くなることから食後に飲むことが勧められていますが、ビルベリーのサプリメントで大切なのは目を使う前に飲むことです。特にパソコンやスマホなどの電子機器の連用など目を酷使する3~4時間前がベストと言われています。

広告募集中